金子半之助の店舗内装について

東京都日本橋の天丼の専門店の金子半之助

金子半之助」とは、東京都の日本橋に本店を構えている2010年にオープンした天丼の専門店です。
日本橋三越百貨店のすぐそばの路地を一本入った初めての方には、少し分かりにくい場所にあり、最寄り駅の日本橋駅からも近いので行きやすいです。
天ぷらが胡麻の風味豊かな特製の揚げ油で揚げられていることが特徴です。
天丼に使用される海老やアナゴ、いかなどの食材は、毎日豊洲市場で仕入れられたもので、一つ一つの食材が豪快に盛り付けられており、ボリューム満点の天丼は一度食べると誰もが病みつきになってしまうほどです。
金子半之助の看板メニューは「江戸前天丼」で、どんぶりからはみ出るほど豪華に具材が盛り付けられたものであり、税込み980円と大変リーズナブルな価格設定です。

つじ田とか金子半之助とかの店内すげえ好きなんだけどこちらの会社がデザインされてるのね。
そしてまさかのつけ麺ぱんだも

株式会社エイケー | 店舗デザイン・内装工事・設計施工のコンペ・相見積ならシェルフィー https://t.co/8G5I6FUtgD

— いも (@imo0212) June 6, 2016
庶民に優しいお値段でお腹も満たされるので、私は毎回こちらのメニューを注文しています。
ご飯の上には海老天2尾、大アナゴ、イカのかき揚げ、ししとう、のり、半熟卵がのっており、なんといっても門外不出秘伝のタレがたっぷりご飯にかかっているので、香ばしい天ぷらと共に堪能することができます。
海老はほくほくで、大きなアナゴは外はふわふわしていて中身はふっくらしているので、苦手な方でも金子半之助のアナゴの天ぷらなら食べられるという方が私の周りにも多いです。

東京都日本橋の天丼の専門店の金子半之助天丼だけでなくスタイリッシュで清潔感あふれる店舗内装も良い多数出店されている店舗はそれぞれの個性の店舗内装